スプリント
トレーニング
マシン
目指せ自己ベスト!!
スプリントトレーニングマシンで、最速の走りへ
短距離が速くなる!
陸上競技のみならず、速く走ることはどのスポーツにおいても大きなアドバンテージになります。
マシントレーニングで体幹の力を利用して、骨盤と股関節をグイグイ動かすストライドの広いパワフルかつロスの少ないフォームが身につきます。
走力が伸びないのは、『力の引き出し方』に問題があるからです。
特に多く見られるのが、“走りのメカニズムに矛盾したムダな動き”。
それは走りのクセだったり勘違いだったりしますが、そのムダをマシントレーニングで修正し、“走りのメカニズムに基づいた正しい動き“ができるようになれば確実にタイムは上がっていきます。
スポーツを頑張っている人は走りを磨いてさらに速く、もちろん走るのが苦手な子供たちにもおすすめです。

長距離が速くなる!
野球やゴルフで手打ち・手投げという言葉があります。体幹がうまく使えず、末端の小さな筋肉の働きに頼ってしまう効率の悪い動きを指す言葉ですが、『走り』でもそれは起こります。
小さな筋肉で走ると、スピードが出ないばかりか、すぐに疲れてしまいます。
マシントレーニングで体幹・骨盤・肩甲骨のコントロールが上手にできるようになると、ロスの少ないなめらかな脚の回転が可能になり、『より速く・より長く』走れるようになります。

ケガをしないフォームが身につく!
スポーツをしていて足や腰が痛くなったことのある方は、ランニングフォームに問題があるかもしれません。
ランニングの着地による衝撃は体重の3倍といわれています。
マシントレーニングで体幹を使った負担の少ないフォームを身につけることで、ランナーに多い足腰の痛みを防げます。
マシンで身につく正しいランニングフォーム
スポーツ科学から生まれた次世代トレーニングシステム
東京大学の小林寛道教授により、ランニングフォームを改善し速く走るために開発されたトレーニングマシンです。 速く走ることは、どのスポーツにおいても大きなアドバンテージになります。 大腰筋を鍛え、骨盤の動きや体幹部の柔軟性を高め、ムダのないパワフルなフォームに動きを改善します。
どんな人に効果的
・短距離が早くなりたい人
・マラソンをがんばっている人
・速く走って、パフォーマンスを向上したい各競技者
・走るのが苦手な子どもたち
スプリントトレーニングマシンについてよくある質問
Q.1回のトレーニング時間は?
A.30分程度が標準的なトレーニング時間です。
Q.トレーニング頻度はどれくらい良いですか?
A.週に1~2回程度が目安です。
Q.スプリントトレーニングマシンを利用できる対象年齢は?
A.小学校4年生からトレーニングする事ができます。
Q.トレーニングに必要なものは?
A.室内用運動靴(外履きでも靴底を拭いてもらえばOKです)
動きやすい服装(ジーンズは不向きです。更衣室もあります)汗拭き用タオル
Q.トレーニングを申し込みたいんですが・・・
A.トレーニングは毎週木曜日、土曜日(午後)に行っております。完全予約制になっていますので事前に当院までご連絡下さい。
Q.トレーニングの料金はいくらですか?
A.初回は体験という事で500円で承っております。2回目以降は学生:1,000円、一般:1,500円にて承っております。また、ポイントカードもあります。
※「ポイントカード」10回来店で、次のトレーニングが無料になります。
ポイントカード

ページの先頭へ